酵素シロップ わかりやすい作り方とおすすめレシピ〈酵素ジュース〉

実はすごく簡単。「酵素シロップ」基本の作り方

酵素シロップとは? 自分で作れるの?

腸活ダイエットやファスティングに使える「酵素シロップ」。

私のオーガニックショップでもリピーターの方が多く、ワークショップの依頼もよくいただいた大人気の発酵メニューです。

意外にも簡単に家庭で作れるのです。果実・野菜と砂糖を合わせて数日おくと発酵して、そのまま数日でできあがり。

水や炭酸で割って飲んでも美味しく、発酵調味料としてお料理に使ってもコクや旨味がでます。

手作り酵素シロップのメリットと効能

酵素シロップには、果物や野菜から溶け出たビタミン・ポリフェノールがたっぷり。

また、果物や野菜に付着した「乳酸菌」が自然発酵して菌が増え、腸活に効果的な発酵食品に

果物や野菜には乳酸菌のような善玉菌がたくさん付着しています。

その善玉菌が、砂糖をエサにして分解し、どんどん増えます(つまり発酵する)。

水は加えませんが、砂糖の浸透圧で果物類の水分が出てシロップ状になります。

そして、発酵の原理で腐敗しにくくなり、長く保存できます

はじめての場合は、うまく発酵するかわからないまま、たくさんの果物を使うのは不安ですが、意外と簡単にできてどんどん面白くなることが多いので、ぜひ挑戦してみてください。

酵素シロップ用に手頃でおすすめのガラス瓶

基本のレモンの「酵素シロップ」*果実発酵シロップの作り方

 材料 

無農薬レモン*  500g(皮付きで)

白砂糖  550g(レモンの1.1倍)

  *レモンのほか、皮付きキウイ、青梅、りんごも初めての酵素シロップ作りにおすすめ

 

 作り方 

  洗ったレモンを皮ごと切る。混ぜやすいくらいの大きさ、だいたいでOK。

 砂糖は、レモンの1.1倍重さを用意する。

もっと「糖度の高い果物」を使う場合は、砂糖はやや少なめ(果物と同量くらい)でもよい。

清潔なガラス瓶に、レモンと砂糖を順番に、層を作りながら入れる。

どちらから先に入れてもよいが、なるべく隙間をつくらないイメージで砂糖をまんべんなく散らして入れるようにする。蓋は「軽くのせる」程度にしておく(発酵するとガスが出るので、硬く密閉しないように注意する)。

 一晩ほど置いたころから、砂糖の浸透圧で果物の水分が出る。ここから毎日1~2回、底からよく混ぜる。手の場合はしっかりと洗った手で、調理器具を使う場合は洗ってアルコール消毒しておく。

 *手で混ぜることで皮膚の「常在菌」を入れられるメリットがあるが、衛生状況が心配な場合は調理器具で混ぜる。

 4日~1週間くらい経って果物の表面から気泡が出てきたら、発酵している証し。温度環境にもよるが、10日~2週間以上経過しても泡が出ない場合は発酵していない可能性が大きい。そのまま置いておいても発酵することはあまりないので、作り直すほうがよい。

 発酵が進み、気泡が増えて白っぽくなったら、ザルなどで濾して冷蔵庫で保存する。冷蔵庫内の冷たい状況では、発酵が進みにくくなる。

 お好きな飲み方で飲む。大さじ1〜2くらいの酵素シロップをコップ1杯の水で割って飲むのがベーシック。いちばんのおすすめは酵素シロップで作る豆乳ラッシー。または、腸活のための豆乳グリーンスムージーに果物代わりに加えても美味しくなる。炭酸水でソーダ割りにしても美味しい。

できあがりに何日かかるか目安

発酵の速度は、温度によって変わるもの。

下記は、東京のマンション居室での一例です。

 夏 → 1週間~10日

 春・秋 → 10~2週間強

 冬 → 春・秋に何日かプラス

酵素シロップのアレンジ・レシピや色々な疑問

 --広告--
タイトルとURLをコピーしました