じゃがいもとモロヘイヤの冷ポタージュ【腸活レシピ】

じゃがいもとモロヘイヤで善玉菌を増やす【腸活レシピ】

じゃがいもとモロヘイヤは腸活にとって理想的な野菜のレシピ。

それを豆乳のポタージュで、一皿にぎゅっと凝縮した、善玉菌を増やすためのレシピをご紹介します。

このレシピでは動物性の材料を使っていないので、まろやかながら、あっさりとした味わい。

クミンシードが抜群のアクセントになります。

もうすこし味にボリュームを出したい場合は、豆乳を牛乳に替えて、さらにギーやバターを加えるとレストランの味になります。

 

モロヘイヤは野菜のなかでも特に食物繊維が豊富。

カルシウムやビタミンなどの栄養価が高いことでも有名で、野菜の王様ともいわるほど。

豆乳は、腸内のビフィズス菌を増やしてくれる、大豆の大豆オリゴ糖がポイント。

善玉菌であるビフィズス菌は年齢とともに減っていくので、ビフィズス菌のエサになる成分を摂ることはとても重要です。

また豆乳は、脂肪をたまりにくくして、血液中の中性脂肪やコレステロールをからだから排出してくれます。

 

じゃがいもや大豆にはレジスタントスターチが含まれます。

レジスタントスターチとは、腸内の善玉菌を増やしたり、太りにくくするとされる、注目の成分。

糖質の一種で、食物繊維と同じように、腸内で腸内細菌のエサになって、腸内環境によい作用をもたらします。

それに、脂肪を減らして太りにくくしたり、血糖値の上昇をおさえたりすると考えられています。

炭水化物を避けるダイエットが流行ったけど、レジスタントスターチは糖質でありながらダイエット作用があるから、レジスタントスターチを含むじゃがいもは、実はダイエットフードともいえるかも。

腸活ダイエットの効果のために、レジスタントスターチにちょっとした食べ方のポイントがあります。

レジスタントスターチは、熱した状態では効果が減ってしまい、熱したものを再度冷ましたらまた効果が増える成分だということ。

だから、じゃがいもは冷やしたものがより効果的なため、冷製ポタージュのレシピにしています。

ちなみに、同じようにレジスタントスターチを含むさつまいもも「焼きたての焼き芋」じゃなくて、「冷ました焼き芋」が腸内環境へのメリットが大きいとかんがえられるんです。

 

じゃがいもは、海外のNPO(EWG)が発表する残留農薬が多いワーストランキングにランクインする野菜。

だから無農薬やオーガニックを選ぶのがおすすめです。

無農薬なら皮ごと使えるし、皮のところに栄養が多いので残さず食べられる点も嬉しい。

 

クミンシードは肌の老化を防いでくれる作用があるとされているスパイス。

爽やかなカレーの香りがじゃがいもとモロヘイヤを引き立ててくれます。

ない場合はカレー粉で代用しても美味しいです。

腸活レシピ・じゃがいもとモロヘイヤの冷製ポタージュの作り方

材料(4人分)

 じゃがいも 2~3個

 モロヘイヤ 1袋

 豆乳 2カップ

 水 1カップ

 スープの素 1/2~1袋

 塩 小さじ1/2~1

(仕上げに)

 クミンシード 適量

 オリーブオイル 適量

 

作り方

・じゃがいもは洗って皮のまま好みの方法(ゆで、蒸し、レンジなど)で火を通す

・モロヘイヤは、洗って固い茎があればとる。蓋つきの鍋に、底から数ミリ程度のお湯を熱し、モロヘイヤを入れて蓋をして蒸気で3分ほど加熱する

・ミキサーに、下準備したじゃがいもとモロヘイヤ、豆乳、水、スープの素を入れて、なめらかにする

・鍋にうつして弱火にかけ、かき混ぜながらゆっくりと加熱する(じゃがいもが焦げ付きやすいので注意する)

・全体が温かくなったら、塩を少しずつ加えて味を調整する

・温かいままいただいてもよいが、冷ます(粗熱がとれたら冷蔵庫に入れる)とレジスタントスターチ成分がより効果的

・仕上げにオリーブオイルをたらして、クミンシードをちらす

:

 --広告--
タイトルとURLをコピーしました