舞茸・キムチ・豆腐の「腸活ビューティ・スンドゥブ」スープ レシピ

舞茸・キムチ・豆腐の「腸活ビューティ・スンドゥブ」スープ レシピ

きのこ類のなかでも腸活に特によい舞茸を、乳酸菌たっぷりのキムチを合わせた「腸活ビューティ・スンドゥブ・スープ」。

10分もかからず簡単にできて、デトックスの効果と美味しさ、どちらの満足度もとても大きいメニュー。

我が家では、2~3日に1度は必ず作るほどです。

翌日のお通じや体重にも、うれしい変化を感じさせてくれます。

舞茸の食物繊維・MDフラクションが腸活や免疫力アップに効果的

きのこ類は全般的に、食物繊維が多い食品です。

そのなかでも舞茸は、舞茸に含まれるとくべつな食物繊維「MDフラクション」という栄養素はとくに腸活や免疫力アップに効果的とされています。

腸活によい上、カロリーが低くくて女子にはとってもありがたい存在。

舞茸は、ほぐして冷凍して常備しておくと、とても便利です。

乳酸菌たっぷりキムチの自家製スンドゥブで腸活に効果

キムチはなるべく無添加のものがあるといいと思います。

わたしは自分で手作りしています。

といっても本格的なものじゃなくて、とっても簡単な発酵キムチ・レシピで作っています。

作り方が簡単でも、しっかりと発酵するので、乳酸菌はたっぷり。

本格的なキムチとなると材料もプロセスもハードルが高いけれど、現代のわたしたちのキッチン事情にあった手軽な発酵キムチは意外と簡単に作れるんです。

それにオーガニック野菜でつくると発酵が早く進んで、野菜に付着した「菌」の力強さが肌で感じられます。

生で食べると酸っぱすぎるくらい発酵したものを使うのがおすすめです。

舞茸の「腸活ビューティ・スンドゥブ」スープ レシピ

 材料(2人前) 

 舞茸  1パック

 豆腐  1丁

 キムチ  1カップ

 だし(洋風でもOK) 1と1/2カップ 

 味噌  大さじ1

 みりん  小さじ1

 ごま油  小さじ1/2

 塩  適量

 作り方 

1 舞茸は食べやすくほぐす。豆腐は一口大に切る。

2 鍋で出汁をあたため、キムチ、味噌、みりん、舞茸を加える。弱火で3分ほど煮たら豆腐を加え、全体があたたかくなったら味をみて、塩が足りなければ少し加え、ごま油をかけてできあがり。

 --広告--

 

タイトルとURLをコピーしました