アボカドとキムチで絶品!腸活・ダイエットレシピ〈簡単3分〉

アボカドとキムチの絶品! 腸活・ダイエットレシピ

 (このレシピの作り方動画はこちら)  

アボカドにごま油の風味をほんのり効かせた、毎日食べても飽きない絶品レシピをご紹介します。

 

食事のはじめに食べることで太りにくくなる「低GI」のメニューでいて、発酵食品に食物繊維が豊富な食材をセットにすることで「腸活」にもとても効果的なレシピにしています。

 

海苔などの海藻類は、超がつくほどの低GI値の食品とされています。

そして、アボカドやキムチもGI値が低め。

低GIということは、急激なインシュリン分泌をおさえられ、それが結果的に、脂肪をたまりにくくしてくれることにつながります。

ダイエットや健康のためにはGI値は欠かせないポイントだとされています。

だから、海苔、アボカド、キムチ、これらの組み合わせはダイエットにはとてもおすすめのレシピなのです。

脂肪燃焼効果があるとされる黒酢を加えるのもポイント。

 

そして、腸活の視点から見ても、この理想的な食材の組み合わせ。

発酵食品であるキムチには、腸内フローラにとっての「善玉菌」となる乳酸菌がたくさん含まれます。

その善玉菌の代謝に欠かせない「食物繊維」が、アボカドや海苔にはとても多く含まれているのです。

さらに、アボカドの食物繊維の多くは「不溶性」で、海苔の食物繊維の多くが「水溶性」。

これらをバランスよくとれることで、腸内環境にとってよりよいレシピになります。

 

アボカドは、食べる美容液と言われるほど、美容に良い成分の宝庫のスーパーフードです。

特に、若返りのビタミンといわれる抗酸化力の高いビタミンEや、コレステロールを減らすオレイン酸が豊富。

そして意外なことに、食物繊維がとても多く、その量はごぼうと同じくらいあるんです。

アボカドの食べごろは、ヘタの部分のやわらかさでわかります。

ヘタのすぐ横をやさしくおさえてみて、柔らかく感じたらちょうど食べごろ。

まだ硬かったら少し早すぎ、逆に空洞のようになっていてペコンと凹んだら、食べごろを過ぎて傷んでいる可能性が大きいです。

 

海苔はそれほど栄養が多いイメージがないかもしれませんが、意外にも、美容にとって素晴らしい食材。

水溶性の食物繊維量がとても多い上、なんとビタミンCや葉酸も豊富に含まれています。

 

また、黒酢も美容と健康によく、脂肪燃焼効果があるとされています。

料理としても、アボカドの風味がお酢で引き締まって、とても美味しくなります。

 

アボカドとキムチの腸活ダイエットレシピ 作り方

 

材料(1人分)

 アボカド 1個

 キムチ 1/2カップ位

 焼き海苔 10枚

 黒酢 大さじ1*

 塩 少々

 ごま油 少々

*黒酢は米酢やレモン汁で代用してもOK

 

作り方

・アボカドを縦に切って種をとり出し、スプーンで実をとる

・キムチを加えて混ぜ合わせる

・ごま油と酢を加えて混ぜ、塩で味を整え、焼き海苔も加える

 

aki’s おすすめ調味料

「芳醇胡麻油」 その名のとおり芳醇で香りが豊か! 少量でもしっかりとごま油の香りがつけられます。

 

:

 

 

 

 --広告--
タイトルとURLをコピーしました