酵素玄米ときな粉ヨーグルトで腸活を。リバウンドせず痩せる&美肌に

酵素玄米やきな粉ヨーグルトで感じる効果。リバウンドせずに痩せる

おすすめのダイエットは、なんといっても「腸活」。

これが、リバウンドせず健康的に痩せて、美肌にもなれる、たったひとつのダイエット方法だと思います。

根本的に「痩せる体質」を作ること。そのためには”腸活が欠かせない”理由をこちらに書きます。

また、毎日どんなものを食べれば良いか、酵素玄米やきな粉ヨーグルトなど私の食事も紹介します。30歳を過ぎた頃から39歳の現在まで腸活ライフを続けてきて、服のサイズはずっとSS~Sです(身長は164㎝)。

ちなみに、焼き菓子やアイスクリームなどのお菓子は毎日食べます。それでも痩せる体質はキープできるのです。

 --広告--
腸活で「痩せる体質」がつくれる理由

腸活をすることがダイエットになる理由。

そのひとつが、太っている人と痩せている人の腸内フローラには違いがあることです。太っている人は「短鎖脂肪酸」をつくる腸内細菌が少ないそうです。

短鎖脂肪酸は、健康にとってよい働きをすることで、近年とても注目されているもの。

短鎖脂肪酸があることで、満腹感を感じやすくなって太りにくくなると考えられています。

では短鎖脂肪酸はどうやってできるのかというと、腸内細菌が分解するときにつくられます。

ということは、短鎖脂肪酸を増やすには、腸内細菌が分解につかう食物繊維やオリゴ糖をしっかりとって、腸内環境を豊かにするのが効果的

つまり、腸活をすることで、短鎖脂肪酸が増えて痩せやすくなるんです。

腸内フローラが変化するには、少なくとも3ヶ月〜半年かかるとか。

またヨーグルトなど発酵食品から摂る善玉菌も、一度で住みつくわけではないので、毎日とりつづける必要があります。

そして日々のメンテナンスとして、食物繊維やオリゴ糖(大豆オリゴ糖やフラクトオリゴ糖など)を同時にとって、善玉菌のエサも与え続けないといけないのです。

ゆっくり時間をかけて取り組む必要があるのですね。そして食事以外にも、睡眠や運動などライフスタイルも、おなじくらい大切。

腸活は時間のかかる生活改善ですが、ダイエットとリバウンドを何年も繰り返すよりも、腸活が自分の生活にしっかりと染みつけば、その後はそれを生かしていける。そう考えると半年は短いものかもしれません。

そしてまた、腸内細菌のことが詳しく書かれた本『腸と脳』など腸活に役立つ本にも書かれていますが、腸活の効果は痩せることだけじゃなく、むしろ痩せることはほんの一部にすぎないんです。

 

私が実際に食べているもの

 ある1日の食事メニュー 

  (毎日同じ)

きな粉ヨーグルト&バナナ/無塩ナッツ/80%以上ハイカカオチョコ/ブラックコーヒー

  (この日は外食)

パスタランチセット

  (定番メニュー)

アボカドキムチ/山盛りの葉野菜・ネギ・きのこ・鶏ムネ肉の蒸し鍋/酵素玄米

 おやつ 

酵素シロップのジュース/どら焼き/フルーツ

 

このうち毎日かならず食べる腸活メニュー

 きな粉ヨーグルト

 酵素玄米

 酵素シロップ

よく食べる腸活メニュー

 アボカドキムチ

腸内環境をよくする「腸活」のための”食事ルール”

食や美容にかかわる雑誌・本の編集者として、腸について書かれた本をたくさん読みました。

そこで学んだ「腸活の基本ルール」をお伝えします。

 ・発酵食品をとる

 ・食物繊維をとる(野菜、豆、きのこ、海藻、穀物、など)

 ・お肉をとりすぎない

 ・添加物を控える

 ・無農薬やオーガニックを選ぶ

 ・抗生物質の畜産物を控える

さらに細かくいろいろとありますが、まずはこれらが「腸活」食のベース。

私は、1日の7割くらいをこのルールに沿った食事にしています。

でも残りの3割は、完全に自由。ファーストフードやラーメンを食べることも。

食事は楽しみであると同時に、「腸内環境の管理」をするお仕事のようなもの。

腸内に、よい菌がたくさん増えることで健康につながって、毎日元気に生活できるのだと思います。

 --広告--
タイトルとURLをコピーしました