〈腸活レシピ〉塩水につけるだけ。発酵野菜の作り方 *ナスとオクラ*

〈腸活レシピ〉塩水につけるだけ。発酵野菜の作り方 *ナスとオクラ*

手作りの発酵食品は少しハードルが…という方にぜひおすすすめしたいのが、塩と野菜だけで作れる「発酵野菜」です。

野菜にもともと付着した乳酸菌が自然に発酵することによって、お手軽な発酵食品が作れます。

ほんのり酸味と発酵の旨みが美味しい。

おかずが足りない時にも、冷奴にのせたり、さっとポン酢をかけたりするだけでもちょっとした一皿になる重宝な一品です。

また腸活の視点でも、発酵野菜をはじめキムチやぬか漬けなどの発酵食品は、熱に弱い乳酸菌を、加熱することなく食べられるというのがメリット。

発酵した乳酸菌に食物繊維やポリフェノールもたっぷりとれるレシピです。

いただくときには酵素玄米(寝かせ玄米)と合わせるとさらに完璧。

我が家も毎日いただきますが、腸へのよい効果をとても感じています。

 酵素玄米を長年食べ続けた効果とレシピ・作り方

野菜に生姜などを合わせて美味しい発酵野菜に

ここでは、簡単な塩水につけておくだけの”発酵野菜”のレシピと、作り方のポイントを紹介します。

ナス、キャベツ、などの身近な野菜と塩だけで2~3日で簡単にできあがって、しばらくの間、冷蔵庫で保存できます。

メインの野菜に加えて、にんにくや生姜、あれば柚子など香味野菜をいっしょに漬け込むことで、より美味しい自家製の発酵野菜になります。

慣れればいろんな野菜やハーブを組み合わせて、様々なレシピを楽しんでみて。

 --広告--
「発酵野菜」は塩水につけるか、塩を揉み込むか

発酵野菜の作り方は大きくわけて2通りあります。野菜を塩水につけておくか、塩を揉み込んでおくか。

塩水につけておくだけのほうが、より簡単につくれます。

ここでは、その方法で作るレシピと、手順やポイントを紹介します。

常温に1~2日置いて、香りに酸味が感じられるようになったら、乳酸発酵している証拠。

また、ほかのページで紹介しますが、塩をそのまま野菜に揉みこむ発酵野菜の代表が、ドイツの「ザワークラウト」です。

 ザワークラウトの作り方はこちら

「発酵野菜」 美味しいシンプルレシピ

 

さっぱり、いくらでも食べられる

ナス・ミョウガ・オクラの発酵野菜

 材料 

 ナス 1袋

 みょうが  1パック

 オクラ  1パック

 ラデッシュ*  数個

 ゆず*  2~3個

 生姜  適量

 塩水(塩は水の重さの2.5~3.5%) 2~3カップ

* 塩水2カップの目安ーーー 水 2カップ:塩 小さじ2前後

ゆず→レモンやすだちに、ラディッシュ→カブにしたり無しにしてもOK

 作り方 

1 野菜を好みの大きさに切る。オクラは切ると、できあがりの汁にとろみがつくので、好みで切っても切らなくてもよい。

2 清潔なビンやホーロー容器などに切った野菜を入れ、全体がかぶるくらいの塩水を加える。

3 ふたは軽くのせる程度にして常温に放置し、次の日にかきまぜる。

 → かきまぜる際にぬか漬けのように素手で行う場合、衛生状況に気をつけて、個人の判断でおこなってください。同時に、塩の殺菌作用や、本来の発酵の作用によって、乳酸菌のような善玉菌が優位になり腐敗を防いでくれることも期待できます。

 * 塩の濃度について * 

塩の計量は、初めはスプーンよりも重さで測るのがおすすめです。

使う塩により、しょっぱさも変わるので、まずは3%くらいで調整を。多すぎると発酵が遅くなるという面もあります。

塩はなるべく自然のものを使います。

発酵野菜作りと保存に便利なガラス瓶

タイトルとURLをコピーしました