無糖の米粉パンケーキ 簡単レシピとおすすめ食べ方

無糖の米粉パンケーキで「太らないおやつ」

むっちりとして、やさしい甘さの「米粉パンケーキ」は大人もこどもも喜ぶおやつ。

 

米粉パンケーキはスイーツとしての満足感がありながら、ダイエット中にもおすすめです。

それは、米粉の油の吸収率は、小麦粉に比べて3分の2未満だから。

小麦粉が38%なのに対して、米粉は21%なのです。

だから、米粉は小麦粉よりも太りにくいとされています。

 

ここではダイエットにおすすめの米粉パンケーキのレシピと食べ方をご紹介します。

ポイントは、生地は無糖にして、シロップなどの甘味には少量のメイプルシロップと芳醇なバターで満足感を出すこと

 

メイプルシロップの付けかた&バターの選びかたの、ちょっとしたコツがこちらです。

 

○バターはグラスフェッドバターまたはギー(GHEE)にする

○メイプルシロップは一度にかけずに、一口ずつつける

 

グラスフェッドのバターは、自然の草が生えた牧場で育った、ストレスフリーの牛の乳から作られます。
その、とても濃厚で豊かな香りは驚くほどです。

ギーは、ダイエット効果があるとされ、オメガ3も多く、美容や健康のためにむしろ積極的に摂りたい油。そして、何より研ぎ澄まされた味わいと、濃い香りが魅力。

 

バターは、そういった良質なものを、ごく少量つけるのがおすすめです。

香りが濃厚なグラスフェッドバターやギーは、ほんの少しつけるだけでもバターの香りがふわーっと広がって、美味しさは増し増しなのに、少量でも満足度が高いからカロリーを少なく抑えらます。

バターを全くつけないのと、芳醇なものをほんの少しつけるのでは、感じ方に大きな差がでます。

エシレやボルディエなどフランスの発酵バターも美味しいですが、他に、オーガニック的な視点でもおすすめなのがこちらです。

「なかほら牧場」のグラスフェッドバター 
○ オーガニックのGHEE(ギー =グラスフェッドバターの上澄み)
 

 

シロップをはじめにかけると、生地に染み込んでしまって、食べたときに甘みの感じ方が弱くなります。でも、一切れずつにシロップをつけると、口に入れたときの甘みが強く感じられます。なので、「シロップ後づけ」が断然おすすめ

シロップは小さな器に入れておき、一口大に切ったパンケーキを口に運ぶ直前につけて、お寿司のお醤油みたいな感じで付けていただく。

そうすると口に入れた瞬間に、まず甘みを強く感じられて、満足度が増します。

 

良い食品をほどよくとることで、おやつを食べながら効率的なダイエット&美容につなげましょう。

簡単! 無糖の米粉パンケーキのレシピ、作り方

材料

米粉         120g

ベーキングパウダー  小さじ1

卵(といておく)   1個

牛乳         100ml

オリーブオイル    小さじ1

 *メイプルシロップ、バターをお好みで

 

作り方

1 米粉とベーキングパウダーをふるいながらボウルに入れ、残りの材料をすべて加え、泡立て器でかきまぜる。

2 フライパンで弱火でゆっくり焼く。

 

便利な米粉パンケーキミックス(無糖)もあります。

 ◁クリックでamazon

 

おすすめのギー

 

 --広告--
タイトルとURLをコピーしました