出版社の編集者になるには【未経験転職の方に】

 

出版社の編集者になるには【未経験転職の方向け】

 

出版不況でも、出版社の編集職は根強い人気。

メディアとしての信頼度やブランド力は今も高く、

仕事でふだん会えない人に会えたり、いろんなところに行けるのも魅力的です。

 

私は新卒で出版社に入り、2社合わせて14年いました。

雑誌、書籍、どちらの編集部にもいた経験をもとに記事を書きます。

 

有名な出版社、とくに大手3社の集英社、小学館、講談社などは新卒で入るのも狭き門。

では大手に限らず、出版社の編集部に、未経験からの転職が可能でしょうか?

答えはYES。一定の条件と、縁があれば可能といえます。

基本的には、経験者の横の移動が多い業界なので難易度は高いし、

コロナ禍でさらに採用を絞っている様子も見られるようです。

 

ではどういう人が、未経験でも出版社に入れるのか。

 

20代の未経験者は、平時なら、異なる業界・業種からのポテンシャル採用が割とよくあります。

たとえば大手食品メーカーからファッション編集部に、のような。

志望する媒体のジャンルが本当に好きな熱意があれば、あとは、その人のキャラクターが、そのときの募集ポストに合っているかどうかではないでしょうか。

20代の編集者はハードワークな場合も多いのでタフさも求められます。

ハードワークといっても昔のような連日徹夜みたいなことはあまり聞かなくなりました。

 

30代以降の場合は、それまでの専門分野が生かせるかがカギになります。

応募する企業の発行物と自分の専門分野が重なれば強いし、それが趣味であっても、極めているレベルなら十分に可能性があります。

趣味の歴史にすごく詳しい人が、歴史関係の編集部に入ることも。専門的な刊行物に関わるポジションなら、趣味であってもそのジャンルに精通していることで採用になった方を何人もみました。でも、本当に「精通している」レベルです。

専門分野がメジャーなジャンルの場合、ハードルは高くなります。たとえば美容雑誌の編集部に入るのに、「コスメ好き」だけでは決め手に欠けてしまう。でも例えば、SNSでのコスメアカウントにフォロワーがすごく多い場合には強みになりそう。最近は、どの雑誌もSNSに力を入れているので、そこでプラスアルファのノウハウやスキルは重宝がられるはずです。

プラスになるスキルとしての、IT、英語。

ITに強い人が出版業界には少ないので、それが生かせるポジションにとっては貴重な人材。

出版業界は昔、景気がよかった時代は今より採用が多かったので、その頃入社の人たちの割合が多くなりがち。若い頃からITに馴染んでいない世代の方も多いのです。

全体的に、IT化を求めながらもITに強い人材不足との声をよく聞くので、プログラミングまでできなくても、ある程度のITの知見があればプラスになるはず。

 

そして、英語もできればプラスになります。でも、募集の必須要件になければ英語はできなくても大丈夫

英語力があれば、海外で話題の本の日本語版を作ることもできるし、リサーチできる情報量が圧倒的に増えます。実際に、ネイティブ並みの英語力がある人は、いろんな場面で英語を生かしています。

逆に、英語力がなくても、ドメスティックな内容の本・雑誌の編集においてはほぼ困りません。海外セレブの写真が載っている雑誌でも、日本にある写真のストック企業からデータを借りています。

向いている人物像・キャラクター

実は、編集者にはこういう人が多い、という決まったタイプがありません。

リア充感にあふれる人、オタクっぽい人、営業トークが上手い人、寡黙な職人タイプ、要領のいい人・悪い人、おしゃれな人、服装に無頓着な人、本当にいろんな人います。

だから、「こういう人が向いている」とう雛形がないように思います。

もちろんファッション誌の編集部はオシャレな人が多いけれど、配属されてからオシャレになる人も少なくない印象です。

こちらにも書きましたが、編集者の仕事は多岐に渡るので、いろんな能力が発揮できるシーンがあるのと同時に、いろんな苦手をカバーする方法もある世界です。

 

でも、根本的に「伝える」ことが上手な人が集まっています。むろん、言語化は得意じゃなくても「なぜかこの人が持ってくるネタには説得力がある」ような人でもOK。

ネタやニーズを察知する、敏感な嗅覚が重要です。さらに、採用試験においては、そのネタの「どういうところが魅力なのか」、「どういう風にマーケットにささりそうなのか」を伝えられる能力、もっと言えば、伝えられそうと面接官に思わせる能力があれば完璧です。

 

実際に転職活動してみる

未経験からの転職には、転職サイトやエージェントの登録し、なるべく多くの担当者と面談や話をする必要があります。出版社は業界が小さく仕事内容が独特なので、出版社の転職案件を何度も経験している担当者や、出版社に理解が深い担当者に出会うことが重要です。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました