小松菜の豆乳スムージーで腸活ダイエット


小松菜のスムージーレシピ

腸活に効果がある小松菜と豆乳スムージーのレシピ

野菜や果物のビタミン、ポリフェノールがたっぷり入ったグリーンスムージー。

ダイエット&美容に効果を感じる、腸活のための決定版レシピをご紹介します。

食物繊維をそのままとれるスムージーは腸内環境によく、腸内環境が整うことで、からだやお肌によい効果が期待できます。

豆乳でつくることで、より腸活効果がアップします。

私も昔から小松菜やケールのスムージーをよく飲んでいます。

手作りのスムージーは、飲んだ次の日に腸活の効果を感じられるのがすごい。

スムージーに小松菜やケールを選ぶ理由

それに、小松菜とケールはどちらも、鉄分、カルシウム、β-カロテン、ビタミンCを多く含みます。

とくにケールは、抗酸化など美容にいいビタミンEも豊富で、スーパーフードとしてもおなじみ。

小松菜をベースに色々なくだものを組み合わせて。

基本的にくだものは大体なんでも合うし、多く入れるほどより美味しく感じられます。

でもその分、果糖が増えるので、健康目的で作る場合のスムージーには入れすぎないように気をつけましょう。

豆乳やアーモンドミルクが腸活の効果を増す

スムージーを水で作る方も多いかもしれませんが、無調整豆乳やアーモンドミルクなど植物性のミルクは、材料の大豆やアーモンドの食物繊維価が高いため、腸活の効果がより高まります。

とくに、大豆に含まれる大豆オリゴ糖は腸内細菌のエサになるプレバイオティクスは、腸活にとてもよいもの。

また、アーモンドは良質なオイル分が豊富で、ミネラルも多く、美肌づくりによい食材。

味わいもまろやかにして美味しくなるという面でも、断然おすすめです。

植物ミルクは、豆乳なら無調整豆乳を選ぶなど、原材料表記をよく見て、余分な添加物が入っていないものを選ぶのが良いと思います。

アーモンドミルクは、日本では「アーモンド風味飲料」がアーモンドミルクとして売られていることが多く、本物のピュアなアーモンドミルクを買えるところが少ないですが、オンラインショップやオーガニックスーパーなどで見つかります。

おすすめの無調整豆乳 (6本入り) / 無添加アーモンドミルク (8本入り)

オイルをプラスして脂溶性ビタミンの吸収率を上げる

小松菜やケールに含まれる、β-カロテンやビタミンEなどの脂溶性のビタミンは、油と一緒にとると吸収がよくなります

オメガ3が多いエゴマ油や亜麻仁油、美容によいマカダミアナッツオイル、ダイエット向きのMCTオイルなどがあればよりいいですね。

もちろんエクストラバージンオリーブオイルでも◎

(おすすめのオリーブオイルはこちらで紹介しています)

栄養面でおすすめは「アブラナ科」の葉もの野菜

代表的なアブラナ科といえば、キャベツ、白菜、小松菜、チンゲン菜、タアサイ、ブロッコリー、水菜、からし菜、ケールなどなじみのものばかり。

アブラナ科の葉野菜には、からだや肌の老化を防ぐ「抗酸化」性のビタミンが多く含まれているのが特徴です。

ケールは、スーパーマーケットに並ぶことは少ないけれど、ファーマーズマーケット、オーガニックショップ、農家さんの直送、デパ地下などなら手に入りやすいです。

腸活に効く「小松菜スムージー」きほんレシピ

 小松菜 1/2~1束

 くだもの* ほどよく甘くなる程度

 無調整豆乳 1カップ

 オイル 小さじ1

→ すべてをミキサーかジューサーにかければOK

*くだもの おすすめ例

 りんご

 バナナ + レモン汁少々

 バナナ1/2 + キウイ

 柑橘(みかんやオレンジ)

 いちご

 

他に、桃、シャインマスカット、マンゴー、などを使うと美味しいスムージーができます。

でも、スムージー用に買うのは気がひけるし、バナナなど手頃な果物で十分おいしくなります。

もし、いただきものがたくさんある場合には加えてみるといいですね。

レモンは、オーガニックレモンの果汁ボトルがおすすめ。

野菜はまとめて洗っておくと便利!

朝食としてスムージーをとりたい人も多いと思いますが、朝の忙しい時間に野菜を洗って切る作業はめんどう。

そこで、2~3日分の葉野菜をまとめて洗って、底にクッキングシートをあてて袋やタッパーに入れて野菜室に入れておくと、次に使いやすくてとても便利です。

小松菜やケールは切らずに洗っておいて、使うときに手でちぎったり、まな板無しで果物ナイフでざっくり切って加えればOK。

これだけで、毎日スムージー生活のハードルがかなり下がるので、ぜひ試してくださいね。

 --広告--

 

タイトルとURLをコピーしました