オリーブオイル フードエディターおすすめ

おすすめオリーブオイル 決定版2選

 

そのまま調味料としても美味しく、酸化しにくいから加熱にも向く、料理に万能のオリーブオイル。

それに、豊富なオレイン酸がコレステロールを下げたり、ビタミンEやポリフェノールの抗酸化作用でからだの老化を防いだりと、栄養面での期待ができるのも魅力です。

 

オリーブオイルは種類も値段も様々で、選ぶのが大変。

どれを選べばよいか、お客様から聞かれることが多かったものです。

私も、展示会、専門店、海外のショップなどで多くのオリーブオイルを試してきました。

食材にこだわっていることを知っている友人からお土産にもらう機会も多かったので、本当にかなりの数のオリーブオイルを味わったことがあると思います。

そのうえでたどりついた、マイ店舗でも扱っていたおすすめ2種をご紹介します。

普段使いのために、手に入れやすいことを基準にセレクトしたもの。

なので、希少性の高いもの、珍しいもの、こだわりのもの、などはここには入れていません。

 

ビオプラネット ev organic olive oil ミディアムフルーティ 

 この味わいや製法にして、コスパが素晴らしい。海外のオーガニックショップでもよく置かれている。

 

オルチョ ・サンニータ(アサクラ) 

 味わいが洗練されてまろやかかつフルーティ。よりハイグレード(酸度・手摘み・収穫後の時間・伊オーガニック認証など)。

 

普段づかいには価格面から「ビオプラネット」がおすすめです。

もちろん、スーパーの安売り品と比べると決して安くはないんですが、コスパの高さがすごいです。

そして、やや高価だけどより美味しいものを、というときにはオルチョ ・サンニータ。

研ぎ澄まされた味わい。バゲットにつけて食べると、フルーティで、とてもよく合います。

ポタージュの最後にたらすと、美味しさが一気に増す感じ。

オリーブオイルが嫌いな人はめったにいないし、手土産にすると喜ばれるのでおすすめです。

 

おすすめオリーブオイルを選んだ基準5つ

1 エクストラバージンオリーブオイル

2 コールドプレス製法

3 原料がorganicオリーブ

4 くせが少ない

5 手に入れやすい

 

1~3

オリーブオイルの品質にかかわる条件。ある程度の値段のものはほぼクリアーします。

パンにつけたり、サラダのドレッシングから加熱まで、幅広いお料理に使えるように。

フルーティでも苦味や酸味が少なく、日本人にとっての「おいしい」感じ

高級なオリーブオイルの中には、香りや味わいの個性が強いものも結構あるので、そういうのを好みで選ぶならもちろん良いと思います。ここでは個性が強くないものを紹介します。

酸化が心配なオイルは買い置きはせず、使いきるたびに買うのがいいと思うのです。

でもオリーブオイルは日常的に使うものだから、amazonなどですぐに買いやすいものはポイントが高くなります。

 

 

 ビオプラネット(amazon)     オルチョ ・サンニータ(amazon)

 

:

タイトルとURLをコピーしました