【野菜レシピ】かぼちゃ・じゃがいも・手羽元のカレー味 簡単メニュー

【野菜レシピ】かぼちゃ・じゃがいも・手羽元のカレー味 簡単メニュー

 

ほくほくのじゃがいもに、ねっとりかぼちゃの、甘みのコンビネーションが美味しい。

丸ごとのかぼちゃやじゃがいもが沢山あるときに、手羽元と一緒にグリルする、材料も少なくて簡単なレシピです。

じゃがいもを玉ねぎに替えてつくっても、玉ねぎのとろりとした甘みがご馳走に。

オーブンがない場合はフライパンに蓋をして焼いても大丈夫です。

 

スパイスにはさまざまな健康効能が含まれているので、カレー粉をたっぷりつかいます。

煮込みカレーには塩や油の使用量まで増えがちですが、グリルの場合は、純粋にスパイスだけをたくさん加えられておすすめ。

お気に入りのカレー粉をつかったり、自分好みにスパイスを調合するのも楽しいものです。

 

塩やスパイスは、段取りの最初に揉み込んで時間をおくと、お肉がより美味しくなります。

前日から仕込んで冷蔵庫に寝かせておくと、いっそう旨味が増すのでぜひ試してみてください。

仕込んだものを冷凍ストックしておいても便利。

 

ほとんどの野菜は新鮮なうちがいちばん美味しいですが、じゃがいもやかぼちゃは数週間寝かせることで、でんぷんが糖化してより美味しくなる野菜です。

陽の当たらない涼しい場所に、湿気がこもらないようにおいておき、追熟させてみてください。

じゃがいもの芽が出てきてしまった場合、しっかり取り除けば、実の部分は美味しくいただけます。

じゃがいもは海外の調査結果によると、残留農薬が多い野菜のワーストランキングのトップ10に入る野菜。

だから、自然栽培やオーガニックのものを選ぶのが安心です。

 

材料(4人分)

 鶏手羽元  500g

 じゃがいも  4個

 かぼちゃ  1個(大なら1/2個)

 塩  小さじ2+2

 カレー粉  大さじ2〜3

 オリーブオイル  大さじ2

 (お好みで)ローズマリー  適量

 

作り方

1 ビニール袋に手羽元を入れ、塩小さじ2とカレー粉をまぶしておく。料理のはじめか、余裕があれば前日にして、冷蔵庫に寝かしておく。

2 じゃがいもは皮ごと洗って切り、鍋に塩大さじ1を加えた水を沸かし、すこし硬めに仕上がるよう、弱火で15分くらい茹でる(またはレンジ)。

3 かぼちゃはわたと種を取り、好みの大きさに切る。

4 天板やグリル皿に鶏肉、かぼちゃ、茹でたじゃがいもを並べる。かぼちゃ、じゃがいもにオリーブオイルを回しかける。

5 200℃のオーブンで20~30分焼く。

※オーブンがない場合は、蓋のできるフライパンや厚めの鍋にオリーブオイル適量を入れて、弱火で蓋をして20分ほどじっくり焼く。

 --広告--
タイトルとURLをコピーしました