〈ダイエット朝ごはん〉「きな粉ヨーグルト」のメラトニン効果で痩せる

〈ダイエット朝ごはん〉「きな粉ヨーグルト」のメラトニン効果で痩せる

ダイエットと、睡眠の質の深い関係。睡眠の質を高める「朝のきな粉ヨーグルト」で痩せる生活を手に入れて。

睡眠時の成長ホルモンがもつダイエット効果

寝ている間に分泌される「成長ホルモン」には脂肪の燃焼作用が。成長ホルモンは、眠り始めの深い睡眠で分泌が促されます。

そして深い睡眠のカギは「メラトニン」(体内で作られるセロトニンが夜にメラトニンとなる)。

メラトニンが睡眠の質を高めて、成長ホルモンの分泌を助けます。そして、脂肪を燃焼してダイエットにつながるということ。でも、メラトニン不足だと十分な成長ホルモンが出ないことに。

 --広告--
きな粉とヨーグルトがダイエットに欠かせないホルモンの素に

深い睡眠に導くメラトニンとなる栄養が豊富なのが、きなこヨーグルトです。

きなこヨーグルトにはメラトニンに欠かせない成分が豊富に含まれています。

セロトニン(メラトニン)の材料になるのが「トリプトファン」。

ヨーグルトなど乳製品や大豆製品は、食品のなかでもトリプトファンを特に多く含みます。

だから「きな粉&ヨーグルト」はセロトニン(メラトニン)を増やすメニューなのです。

またトリプトファンと合わせてメラトニン生成に必要なのが、ビタミンB6とマグネシウム。

きな粉にはビタミンB6やマグネシウムも豊富です。

きな粉ヨーグルトは朝に食べるとよい

昼のセロトニン、夜のメラトニンをつくるには、その材料を朝にとる必要があります。

トリプトファンがメラトニンになるのは、摂取してから15~16時間後。

23時に寝る人なら、朝6~7時の間にとれればベスト。

それに、就寝前の食事は消化にパワーが使われ睡眠の質を下げるそう。

朝食でしっかりとメラトニンの材料を含む栄養補給が大切です。

栄養成分がいちばん効果的に吸収されるのも朝といわれます。

きなことヨーグルトは腸活でもダイエット効果が!

きな粉ヨーグルトは「腸活」にも効果のあるメニュー。腸活とダイエットは、切り離せないものです。

痩せている人の腸内細菌と太っている人の腸内細菌には違いがあるというデータが。

発酵食品であるヨーグルトはもちろん、きな粉の大豆も腸内環境をよくする食品です。

きなことヨーグルトの腸活ダイエット効果はこちらに書きましたが、腸内環境をよくして腸内細菌の善玉菌を増やす、科学的なダイエット効果が期待されます。

 --広告--
昼間のセロトニンのダイエット効果

メラトニンのもとになるセロトニンは、別名”幸せホルモン”といわれ、ポジティブな気分のためのホルモン。

また、セロトニンは満腹感を感じさせる点でもダイエット効果が。

セロトニンが不足すると満腹中枢への伝達に支障がでて食べ過ぎにつながります。

メラトニンの美容効果

また、よく知られるのが、成長ホルモンが肌のハリや潤いにつながるということ。

寝る時間のシンデレラタイムと言われるのも、成長ホルモンが多く出る寝始めのころ。

その時にしっかりと深い眠りにつくためにも、セロトニン、メラトニン、が欠かせないから、そのための食事を朝からしっかりとりましょう。

冬はセロトニン(メラトニン)を増やすことをより心がける

日照量の少ない冬はセロトニン(=メラトニン)が減りがち。

だからセロトニンを増やすような食べ物を朝にとって、昼間のセロトニン、夜のメラトニンにするのが大切。

そして、統計的に、女性のほうが男性よりもセロトニンが少ないそう。

女性はより積極的にセロトニン作りに取り組みたいですね。

タイトルとURLをコピーしました